社交飲食店(キャバクラ)とは

風俗営業を行うには公安委員会の営業許可が必要であり、社交飲食店は風俗営業の一種(種別第1号)です。社交飲食店とは「接待をする飲食店」です。つまり、お酒などの飲み物や食べ物を提供している店(飲食店)の中で接待を行うと社交飲食店です。この営業許可を受けないで行うことは、自動車の無免許運転と同じくらい危険なことです。摘発されたら逮捕罰金を覚悟してください。

接待とは

歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすことをいう。>

お客さんの横に座ってお酌をしたり、雑談をしたり、一緒に歌ったり踊ったり、つまりキャバクラなどでよく行われているサービスのことです。「接客」はお客さんに接するだけのこと。「接待」はもっと濃厚に接触するサービスのことです。

風俗営業のメリットとデメリット

社交飲食店の許可を持てば接待営業を行うことができます。しかし、次のようなたくさんのデメリットがあります。

許可を取るには時間(2月から3月)と手間(書類がたくさん)と費用(許可申請手数料24000円)がかかる

■店舗ごとに管理者を選任し、定期的に管理者講習に参加させなければならない(ほぼ一日つぶれます)

■警察職員が立ち入ってくる(違反を発見されたら行政処分(指示・営業停止・許可取消し)を受けます)

■構造設備基準を守らなければならない

■従業者名簿の管理が大変

■深夜営業(夜0時過ぎの場合が多いが地域により異なる)ができない

■住所や店名や管理者等の変更をしたら届出が必要

■店内の構造設備の変更をするには面倒な手続きが必要かも

■そのほかいろいろなルールを守らなければならない

以上のとおり、風俗営業を行うと面倒くさいことが増えます。自動車の免許も似たようなものですが、許可の更新は不要です。飲食店にとって<接待をするかしないか>は、<自転車と自動車>くらいの違いがあります。

風俗営業許可を取るのはどれくらい大変なのか

許可申請署のほか、経営者と管理者の身分関係書類、使用権限証明書類、お店の平面図、略図と言われる地図などを提出しますが、平面図については特殊なので、知識がない人にとってはかなり辛いです。面倒なだけでなく、注意すべき点もたくさんあります。それは、許可を取れる状況なのかどうか、を事前に見極めることです。店舗を確保し、工事が終わったあとで「許可がとれないこと」に気がついたら、多大な損失が発生するかもしれません。許可が欲しくても、許可がもらえる状況なのかを確認してから許可申請手続きをすすめてください。手続で必要な添付書類や書類の書き方などは、東京都神奈川県で比べても若干の違いが出てしまいます。つまり、地域によっていろいろということもあります。

風俗営業を選ぶ前に確認しておくこと

経営者は許可をもらえる人なのか

個人なら、経営者自身と管理者について、法人であれば役員全員と管理者について、過去の違反歴などの要件に該当しているかどうかが審査されます。警察沙汰になった経験がある人は注意してください。

営業所は許可をとれる場所なのか

用途地域の種類によっては風俗営業が禁止されていますし、保全対象施設(学校や児童福祉施設などのこと)から規定距離内においても風俗営業ができませんから、店舗や用地を確保する前に調査しておく必要があります。「前の経営者が許可が取れたから大丈夫」という話は、あくまで「昔」のことであって、今大丈夫かどうかはわかりません。

店内設備が基準を満たしているか

店舗の中の構造設備が風営法で定める基準を満たしていないと許可されません。

○ 客室の床面積の基準
1号営業・・・16.5平方メートル以上(和風は9.5平方メートル以上、一室の場合は制限なし。)
2号営業・・・5平方メートル以上(客に遊興させる態様の営業は33平方メートル以上。)
○ 営業所の外部から客室が見えないこと。 ただし、4、5号営業は除く。
○ 客室に見通しを妨げる設備がないこと。 ただし、3号営業は除く。
○ 善良な風俗等を害するおそれのある写真、装飾等の設備がないこと。
○ 客室の出入口に施錠の設備がないこと。
○ 営業所の照度 1、2号営業・・・5ルクス以上 3、4、5号営業・・・10ルクス以上
○ 騒音、振動の数値が条例で定める数値以下であること

営業所建物等の所有者から協力してもらえるか

 風俗営業許可の手続では、使用権限を疎明する書面を公安委員会に提出します。この書面の準備においては建物所有者からの承諾が必要です。不動産オーナーの協力なしには許可を受けられないので、店舗を確保する前に根回ししておきましょう。

月刊プレイグラフ 法務相談カルテ「公安委員会に提出する使用承諾書とは何ですか?」

風俗営業ではなく深夜酒類提供飲食店で

このとおり、風俗営業は面倒なことがたくさんありますから、風俗営業以外の方法で飲食店営業を行う道もあります。たとえば、接待をしないでお酒を提供する「スナック」「バー」(地域によって意味が違います)で営業することはよくあります。

ただし、深夜に酒類を提供する飲食店(深夜酒類提供飲食店)は営業を開始する10日前までに公安委員会に届出する義務があります。

風俗営業深夜酒類提供飲食店のどちらを選ぶべきか。このあたりのことは文章では説明しにくい問題がたくさんありますので、気になりましたら弊社担当者にお尋ねください。

風俗営業専門の行政書士が安心ではありますが

以上説明したとおり、風俗営業深夜飲食店営業を行うにはたくさんの注意点があり、このほかにもまだたくさんありますから、風営法の知識がない人は、専門家のアドバイスを受けながら開業を準備することをおすすめします。

弊社は長年にわたって風俗営業者の方々をサポートしてきました。主に東京都神奈川県風俗営業の手続を扱っており、遠隔地の手続の専門家の紹介も行っております。
パチンコ店営業については全国で法務サービスを展開しています。風俗営業許可の取得・風営法関係の手続、違反処分研修講演等については風営法担当者をお呼びだしください。

 ℡042-701-3010 風営法担当
 のぞみ合同事務所小田急線相模大野駅南口すぐの白いビルの4F

 神奈川県相模原市南区相模大野8-2-6 第一島ビル4F

のぞみ合同事務所について

常時対応地域:

東京都町田市 八王子市

神奈川県 相模原市 厚木市 大和市 横浜市 川崎市 小田原市
※パチンコ店営業についてはこちら
平日午前9時~午後17時まで

いつもお電話ありがとうございます。
今日もお気軽にどうぞ~
担当者の人物や様子はこちらにて→(日野)

※風営法担当者による風営法の情報発信サイト →「風営法について思う

風俗営業1号の許可が受けられるかどうかを簡単にチェック!

※「法務コンシェルジュ」 風俗営業を風営法などの面で継続的にサポートする法務相談サービス

※業界や事業者向けの講演や執筆も行っております
 一般の飲食店、居酒屋店、ネットカフェ、レストラン、ホテル業、遊技場営業等においても、ご利用いただいております。

※パチンコ店の場合はこちらへ 営業上の注意点も解説します。